組合員対象のサツマイモ掘り体験を実施しました!

曙川支店と国分支店では9月29日、支店管内にお住まいで5歳までのお子さまがいる家族を対象にサツマイモ掘り体験を実施しました。

会場はそれぞれのエリア内にある当JA組合員の圃場。サツマイモは5月に植え付け、水やりや除草などの作業を支店職員と組合員が協力して行い、生育を見守ってきました。

開催当日は、接近していた台風24号の影響であいにくの天候でしたが、曙川支店の会場には52名、国分支店の会場には37名の家族連れが参加。子どもたちは雨カッパに長靴姿で泥だらけになりながらサツマイモ掘りを楽しんでいました。

JA大阪中河内 地域貢献の輪が広がる 支店職員がサツマイモ掘り体験を開催0929 (2)

JA大阪中河内 地域貢献の輪が広がる 支店職員がサツマイモ掘り体験を開催0929(1)

予想以上に大きなサツマイモが出てくると職員が手助けする場面も見られました。参加した家族は「JAの窓口で今回のイベントを教えてもらった。子どもたちも楽しめるJAらしい取り組みでよかった」と語りました。

●DSC_0725

 

JA大阪中河内では、自己改革の一環として支店ごとに独自の「地域貢献活動」を企画し、実践しています。

支店ごとに行う地域貢献活動で組合員と支店職員が協力する形の活動が広がりを見せています。曙川支店は昨年度に引き続き2回目の実施で、国分支店は初めての開催。

支店職員が普段の業務とは異なる農業を通じた地域住民との交流イベントで、参加者からも好評です。他の金融機関との違いであるJAらしさをアピールする機会にもつながっています。

 

 

 

カテゴリー