女性会

2018年2月15日、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催された「第60回記念全国家の光大会(家の光協会主催)」で、JA大阪中河内は『平成29年度家の光文化賞促進賞』を受賞し、西川喜清組合長に表彰状が贈られました。

1FB_0596 2FB_1764

『家の光文化賞促進賞』は、JA教育文化活動をJAの事業・活動の中で総合的に取り組むべき活動として明確に位置づけ、家の光事業への積極的な取り組みや経営の健全性などが評価されたJAに贈られます。

当JAは、女性会活性化への取り組みにより各支部での女性会活動が盛んに行われている点や各地区での女性大学の開講、「家の光」誌持ち寄り読書を実施するなど「家の光」誌を活用した活動が積極的に行われている点を評価されました。また、営農分野では農産物直売所「畑のつづき」6店舗の展開や地元産の米を「河内っ子ひのひかり」として販売し、地産地消を積極的に推進している点などが評価されました。

同大会では表彰式のほか、全国の女性組織から選ばれ、予選を勝ち抜いた代表者が日頃の女性会活動の成果をまとめた活動体験発表を、全国から集まったJA役職員・女性組織のメンバー約2,500人の前で行いました。

JA大阪中河内は、「家の光」誌の記事活用を積極的に提案し、これからも多くの組合員の皆様にご愛読いただけるようJA教育文化活動に取り組んでまいりますのでどうぞよろしくお願いします。

 

◎この記事に関するEメールでのお問い合わせ

組合員さまのお名前とご住所を明記の上、nakakawachi@win.jaosk.jpまでお問い合わせください。

◎電話でのお問い合わせ

JA大阪中河内 生活指導グループまでお電話ください。

【電話番号】072-943-2831

女性会本部役員会では、2018年1月30日、当JA営農総合センターでの役員会終了後にポーセラーツ講習会を行い、11人が参加しました。

s-DSCN3517

ポーセラーツとは、白の磁器に転写紙と呼ばれる様々な絵柄の入ったシールを貼り付け、自分の好みのお皿やコップに仕上げるハンドクラフトです。

 

講師のアトリエポーセリカの山口利加先生には、「ポーセラーツ」を初めて聞く参加者の皆様にもイメージしやすいようにと、多くの作品見本と転写紙を用意していただきました。

s-DSCN3510s-DSCN3535説明を聞くと早速お気に入りの柄の転写紙を選び、レイアウトをあれこれと試行錯誤しながらマグカップに貼り付けていくと、オリジナルの作品が完成しました。

DSCN3523-2

同じ柄の転写紙を使用しても配置によって異なったイメージとなり、世界に一つだけのオンリーワンのマグカップが出来ました。作品は講師が焼き上げに一旦持ち帰るため、手元に届く日を今から楽しみにされていました。

 

◎この記事に関するEメールでのお問い合わせ

組合員さまのお名前とご住所を明記の上、nakakawachi@win.jaosk.jpまでお問い合わせください。

◎電話でのお問い合わせ

JA大阪中河内 生活指導グループまでお電話ください。【電話番号】072-943-2831

JA大阪中河内東大阪地区女性会孔舎衙支部は12月20日、同JA孔舎衙支店会議室で昔あそびサークルの第一回目の活動を行いました。このサークルは、子育て世代の会員が、子育てを終えて孫がいる世代の会員と交流の場を作り、お互いいろいろなことを教え、学び合いたいという思いで立ち上げました。当日は女性会会員のほか、東大阪市のボランティア団体「AsMama」に所属する方や、会員の友達や知り合いなど、子どもも含めて約30人が参加しました。

まず参加者同士で自己紹介を行った後、これからの活動について参加者全員で話し合いました。その後子どもと一緒に、持ち寄りで集めた色紙やトイレットペーパーのしんを使ってこいのぼりを作ったり、お手玉やあやとりで遊んだり、ダンボールを組み合わせてトンネルを作って遊んだりしました。

IMG_0041

▲子どもに教える遊びを考える女性会会員

124-1220孔舎衙支部女性会 昔あそびサークル

▲女性会会員とあやとりを楽しむ子ども

 

また保育士の資格を持つ会員が、読み聞かせや手遊び歌を披露し、子ども達に大変人気でした。

IMG_0002

▲子ども達に読み聞かせをする女性会会員

 

サークルを立ち上げた会員は「最近はゲームや既存のおもちゃで遊ぶ子どもが多い。子どもたちに昔の遊びや、遊び道具を一から作る楽しさを知ってほしい」と話しました。

次回の活動は1月17日、アロマオイルで香りをつけた「小麦ねんど」作りを行う予定です。

11月29日に大阪市港区のホテル大阪ベイタワーで開催された「第64回JA大阪女性・家の光大会」(JA大阪女性協議会・JA大阪中央会主催)で、月刊誌『家の光』の普及活用運動を積極的に行ったとして当JAならびに女性会が表彰され、代表として女性会の三浦良子会長が表彰状を受け取りました。

image001

image002

●表彰状を受け取る三浦良子会長

 

また大阪府下JAの各女性会の活動をまとめた「60秒間スピーチ」では、孔舎衙支部の平井澄子支部長が日頃の活動内容を発表しました。

image004

●60秒間スピーチで発表する平井澄子支部長

 

その後には、山田雅人氏による「かたりの世界」と題する記念講演がありました。

大阪府の他JAの女性会が、どのような活動をしているのか、またどのように『家の光』の記事を活用しているのかを知る良い機会となりました。

2017年11月2日、女性会本部役員の皆さんは役員会終了後、『家の光』誌9月号別冊付録『ハンドメイド厳選作品集』の28ページに掲載されている「ミニモップ」作りに挑戦しました。DSCN3230

DSCN3210DSCN3212

 

ラッピングした割り箸をほうきの柄の部分にしてアクリル毛糸を巻き付けていき、根元の部分を別の色の毛糸で飾り付けて完成。

DSCN3232

カラフルな毛糸が可愛らしいモップになって、年末の大掃除にも大活躍しそうです♪

女性会本部役員の皆様は、作業している間、おしゃべりしながら終始和やかな雰囲気でしたが、最後の仕上げの段階では集中して完成させていました。

DSCN3214

材料は100円ショップでも揃えることが出来ますので、是非皆さんも『家の光』誌を参考にして挑戦してみてください。

 

八尾地区女性会では、2017年10月24日の役員会終了後、『家の光』誌7月号に掲載されている「ふるふる芳香剤」作りを行いました。

DSCN3187DSCN3199DSCN3191

保冷剤を水性ペンで好みの色に着色してアロマオイルで香りをつけた後、小さなビンに詰め、飾り付けをして完成。短い時間で手軽に手に入るものでできますし、飾り付け次第ではさらにおしゃれにアレンジできるので、ぜひ支部活動やご自宅でも挑戦してみてください。

DSCN3201

2017年9月26日、大阪市中央卸売市場13階会議室にて開催された「平成29年度正月用品共同購入つみあげ運動商品」説明会に女性会本部役員10名が参加しました。

DSCN3126

全国農業協同組合連合会大阪府本部の職員の方より情勢報告並びに新規商品やリニューアル商品などの説明を受けた後、(一社)日本冷凍食品協会 渡辺明子先生からお正月料理についてのワンポイントアドバイスがありました。

 

また、会場を同16階大ホールに移し、今年度の取扱商品の内見会と試食会が行われました。ずらりと並んだ商品の形や大きさなどの見た目と味の両面でしっかり見定めていただきました。DSCN3137

DSCN3144

 

2017年9月9日、八尾地区女性会は、久宝寺緑地で開催された「八尾河内音頭グランプリ」に参加しました。

s-DSC_0333s-DSC_0320

本番までに営農総合センターで何度も練習を行い、八尾地区女性会の役員・会員・女性職員50名が参加出場しました。当日は天候にも恵まれ、全員楽しく踊り、すがすがしい汗を流しました。

s-DSC_0182s-DSC_0184

 

 

2017年9月5日、JA大阪センタービルにて大阪女性協議会主催の「JA大阪女性リーダー研修会」が開催され、女性会本部役員9名が参加しました。

JA大阪中河内女性会 三浦良子会長の綱領唱和で始まった研修会は、オリエンテーションや情勢報告・課題定義、JA尾道市女性部世羅西支部 支部長 福本アヤ子さんの講演を聞いた後、「JA女性組織3ヵ年計画『JA女性 ふみだす勇気 学ぼう・伝えよう・地域とともに!!』」をメインテーマとしてグループ討議が行われました。各グループにおいて活動内容や活動を知ってもらうための取り組みなどの意見交換が行われ、他JAの活動を知ってもらえるいい機会となりました。討議された内容は班ごとに発表され、全参加者の共有の情報としました。

IMG_8313P1030869

また、リーダー研修会終了後には、「健康寿命100歳プロジェクト」のひとつであるJA介護予防運動『JAてんとうむし体操&JAみつばち体操』の研修会にも参加し、転倒予防と尿失禁予防の大切さを学びました。

P1030891

女性会読書ボランティアサークル「おはなしぽん」(*)は2017年8月30日に柏原市内の高齢者施設の利用者約20名を対象にメンバー6人がマジック・絵本・紙芝居・体操を披露しました。

DSCN2946

 

DSCN2948

今まで子ども向けの読み聞かせの経験はあるものの、高齢者向けは初めての取り組みで、「喜んでもらえるかな?」「退屈させたらどうしようか?」と心配されていましたが、マジックに参加していただいたり、紙芝居中にでてくる「炭坑節」などを一緒に口ずさんでいただいたりと大変喜んでいただき、大成功! でした。

不定期ではありますが、今後もこの施設への訪問を続けていく予定です。

DSCN2952DSCN2958

 

(*)読書ボランティアサークルは29年4月より「おはなしぽん」と名称変更されました。

カテゴリー